ワールドグランプリ開幕

Pocket

久し振りに遅くまで仕事したので、深夜に録画したのを視聴。パブちゃん不在のカザフに圧勝でした。

日本も絵里香はいませんが、チームブロックという意味では多治見や庄司の方が上に思います。一発のパワーでは劣るけれど、そこまで戦力的に影響ないのはセンター線の層はある程度厚いかなと。ただやっぱり一番の問題は竹下の控え。今朝の新聞には竹下が輝いていたというような記事。「皮肉にもベンチに下がったときに…」という書き方で竹下の存在感の大きさが書いてありました。確かに竹下あってのチームだし、昨日のトスワークは良かったと思います。問題は竹下ではなく、控えセッター。それも河合がダメなんじゃなくて、控えセッターを戦力として機能させてこなかったチームの問題。河合の替わりに板橋や内田、仮に横山あたりが選ばれたとしても、経験の差で多少は良くなってもチームとして機能するかは疑問。それだけ竹下に頼りきった、竹下に合わせたチームなんだと思います。

竹下・高橋に替えて大村・河合の二枚替え。美雪はどうした?久し振りに大村のサイド攻撃を見れて感動していたけれど、2本シャットはご愛嬌としても、美雪の選択肢はないんだね。大村は最後のワンポイント起用で十分力を発揮してくれるのだから、レシーブもスパイクも良く、ブロックも高橋よりははるかに上手い狩野使ってもいいような気がします。

他ブログにも書いてありましたが、川合の佐野ちゃん贔屓はかなりのも。V・プレミア生観戦の印象も含めて、確かに佐野のレシーブ力、ディグ力は現時点で一番と自分も評価してます。ただリベロの仕事はレシーブすることだけではないので、プラスアルファが欲しいところ。そういう意味では櫻井の方を評価していたりもします。リベロはレシーブだけをするポジションではなくて、制限されているプレー以外の全てのプレーするべきポジションだと教わりました。

まあ、絵里香がいないうえ美雪に出る幕のない女子より男子のワールドリーグが見たいのだけど、小牧のチケットは気付いたら完売。当日券もないのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください