SONY α

Pocket

エントリー3機種発表。α200買ったばかりなので、個人的にはビミョーな感じの後継機です。ミノルタ時代のカメラを知らないからミノルタとソニーの違いなどわからないけれど、今度の機種は何となく家電色いっぱい。ソニーらしさを出してきたのでしょうか?完全に主婦・女子狙いかな?小型化とお洒落アクセサリー。一番のウリはなんだろう。カタログ値に現れない性能がどの程度向上したのかも気になるところだし。AF性能、高感度画質あたりはかなり気になる。自転車乗るには小さくて軽いカメラは結構重要なポイントになるかも。α230のボディ価格はいきなり5万円ほど。安い。価格には期待できそう。

ボディに合わせレンズやアクセサリーも幾つか新発売するみたい。タムロンのA16持っているので新キットレンズはさほど興味はないけれど、不評な今のレンズと比べてどうなのか。気になるレンズは50mmF1.8 と30mmF2.8Macroくらい。でも50mmF1.8の定価は2万オーバーだし50mmF1.4持ってるから必要はないと思うけど。30mmマクロも、今のところ寄って写真撮ること少ないし。

ソニーだけにもっと奇抜なことするかと思いきや、意外に大人し目な印象の新機種でした。ある部分ではスペック落ちているけれど、徹底的にターゲット絞ってきた感じ。この作戦吉と出るのだろうか。キヤノンもニコンも動画機能つけて来た中で、目立つ新機能はなし。小型ではオリンパスやパナソニックと争わなきゃならないだろうし。ペンタックスほどの性能はなさそうだし。今後も開発続けてもらうためにも、売れて欲しいとは思うけれど…

α200の購入以降、αの作例色々見ているうちにミノルタのやわらかい描写が個人的にとても気に入ったので、この絵作りだけは引き継いでいって欲しいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください