東北桜巡りプラン

当初、親を連れて北上-弘前-角館-米沢と回る予定だったが、両親が諸々の事情でキャンセル。米沢の上杉まつりが延期になったため米沢行きも却下。一から計画を練り直し、置賜-北上-弘前-角館と、桜巡りに変更。一応、メインは角館。

色々とパターンを考えている間に、桜の開花予想が昨年並みに遅れだしている。特に角館・武家屋敷のシダレザクラは、現時点のウェザーニュースの満開予想で5月3日から。山形から秋田まで、満開予想が間延びになってしまったので、旅程も長くならざるを得ない。

さらに、「仙台で牛タン」が急遽追加。

以上を踏まえ、今日現在の予定は、
1日目、朝から置賜さくら回廊、夜仙台牛タン。2日目、午前は北上展勝地、午後石割桜、夜弘前。3日目、朝から夜まで1日弘前、または午前中芦野公園、午後弘前。4日目、桜吹雪なら早朝弘前城ひと回りして、横手経由で大曲(宿泊地)へ。その後は夜まで角館。5日目、早朝の角館散策して、遅くとも昼頃には帰宅。小岩井農場は、ゴールデンウィーク中の満開どころか5分咲きすら難しい状況なので、省く可能性大。

弘前で2泊予定にしたのは、一日を角館の桜との調整に当てるため。満開が早まれば、弘前で泊まらず角館へ移動してしまう。時間的余裕があれば、田沢湖や乳頭温泉郷もまわる。桜の開花状況によっては、真人公園やきみまち阪も候補に。

日程は4月29日から5月3日まで。実に東北5県にわたる大旅行。当初予算軽くオーバーです。こうなると、福島県にも何とかして立ち寄りたいが、三春や花見山は開花時期とルート的に難しいか。

 

情報

震災の影響か例年通りなのか、各サイトともまつり情報の更新が遅めな気がします。

開花予想

昨年の弘前は、今頃の予想から、実際には3日4日遅い満開日になった。今年は角館メインで、弘前は桜吹雪、花絨毯を楽しみたいのだが、こればかりはもう2週ほど開花予想見ないとなんとも言えない。

気象庁の1ヶ月予想は毎週金曜日更新。弘前は公園緑地課で定期的に開花予想を発表して、去年はこれを参考に計画を立てた。

グルメ

仙台・牛タン、北上・北上コロッケ、盛岡・盛岡冷麺or盛岡じゃじゃ麺、横手・横手やきそば、きりたんぽ、稲庭うどん、などなど基本B級グルメ中心。

上杉まつりがあったら、米沢で宿泊して米沢牛三昧のつもりだったが、今は角館で贅沢しようかと考えている。ただ、仙台で牛タン食べながら間違いなく酒も飲むだろうから、予算的に他では質素になる予感。

宿

弘前では、両親用に問い合せていた旅館へ泊まろうと思う。価格はやや高くなってしまうし、夜遊び予定だからゆっくり出来ないかもしれないけれど、オススメの店などの情報収集をしたい。角館・武家屋敷近くのホテル等はお一人様で予約できるところが早々に無くなってしまった(探せばあるかもしれないが)ので、大曲に泊まる。しかし田沢湖線の終電が19時台。せめて桜の季節は22時過ぎまで走ってほしいが、増発はないのだろうか?大曲まで新幹線じゃ割高だし。車で移動もいいけれど、お酒飲めなくなるしで、悩みどころ。

予算

去年の青森は宿泊費と食費をケチッたおかげで、3万円台で済んだから、今回も5万円前後でなんとかなるかなと思っていたが、どうも軽く6,7万超えしそう。飲み代と宿泊費はもう少し切り詰められるだろうけど。とりあえず余裕を見て10万ほど用意しなくちゃ。

東北の桜

GWにどのような状況になっているか。観光の体制は徐々に整っても、お祭りやイベントは自粛、もしくは大幅な縮小は避けられないだろうと思う。東北電の具合はよくわからないが、東電の事もあり、現状ライトアップを出来るような雰囲気ではなさそうだし。比較的被害の少なかったであろう角館のブログにも、桜まつりの開催をまだ検討していませんと書いてある。高速割引が見直されても、行ける準備はしておくけれど、その他の状況が整わない限り、難しいのが現実か。

祈ること、ささやかな支援しか出来ませんが、いつか桜を見に訪れるであろう場所のメモ。

北関東自動車道も全線開通したようだし、東北道へのアクセスはかなり良くなった。今のところ、三春滝桜、北上展勝地、(石割桜、小岩井農場)、角館と北上して行く予定。宮城県の桜は早めに咲くところが多く、GWは時期的に合わない感じ。田代島にいつか行きたいので、仙台・田代島・松島観光はいつかのためにとって置く。三春の桜もGW前に終わっている可能性が大きそうなので、弘前も含めて3箇所くらいまわれたらと思っている。角館・北上展勝地・弘前のどこかひとつだけでも、例年通りのお祭りをしてくれたらいいのだけれど。

しかし、4月中旬以降のイベントや中京・関西以西の地域でも、軒並み自粛の流れ。東北を断念せざるを得ない場合の候補は、多分広島・尾道、岡山・倉敷、または山陰方面。でも、気持ちは東北。奇跡の桜になるように、願う。

備忘録~明日しておきたいこと

本当は今日、朝から自転車で松本行って、色々しておきたかったのだけれど。寒くて部屋で暖まっていたら、外に出るのがお昼過ぎになってしまった。

  • コンタクト購入。残り2日分。
  • 散髪。
  • DT16-80mm用の保護フィルター購入。フィルター径62mm。
  • 50mmF1.4売却。
  • Vプレミアリーグ男子・甲府大会のチケット購入。
  • 河津桜まつりの準備。計画・カーナビ・カメラ。

河津の桜は、現時点では遅れ気味のようで、自分が訪れる来週末はかなりいい具合になりそうな気配。

今日という日の為に

ニュース

11月10日

今週になって紅葉Ch.の予想が一気に変わった。見頃予想は嵐山が15日頃~、東福寺16日頃~、清水寺16日頃~。その他もだいたい15日~18日頃からと、先週までの20日~22,23日頃の予想から、一気に早まってきた。しかし、写真を掲載しているブログ等の色づきはじめを見ると、去年より若干遅れている様子。いったい、遅れているのか早まっているのか。

20日からの飛び石連休利用するとなると、あと10日しかない。一応、有休の届けは提出してみたものの、週明けまで様子見た方が良さそう。心配なのは、一気に色づき散ってしまうこと。これから本格的に準備に入らないと。

11月3日

参ったなあ。事前に色々調べてみた結果、去年より若干遅め、2,3年前と同じくらいの頃が見頃のピークかと予測したあとに、このニュースか。ウェザーニューズの紅葉ch.を毎日チェックし、嵐山・東山ともスポットにより差はあるが、20日頃からが多くの場所で見頃になる予想だったし、近畿地方の1ヶ月予想で、気温は平年並みか高くなる確率が低くなる確率を上回り、宝筐院の過去の紅葉のピークを見ても、20日より27日の方がいい感じっぽいので、宿も一応確保したばかりだったのに。宿泊場所は楽天トラベルで探しているのだけど、20日の宿は基本的に既に無く、キャンセル?等でたまにポツポツと空きが出る程度。21日はまだ安宿中心に選べそうだったので、念のためひとつ抑えておくことに。

気象情報等々、もうしばらく様子見ですな。

情報

気象・見頃予想

交通

情報

予定スポット

嵐山

きぬかけの路

東山

東福寺

計画

車は郊外、または大津に停めてパークアンドライド。市内移動は電車と自転車との両方検討中。バスは極力使わない。頑張って歩く方向で。自転車の場合は、市街まで輪行。

予定スポット全てはまわり切れないはずなので、直前の見頃情報から、できるだけピークの場所をピックアップ。1日目、嵐山~きぬかけの路。夜は東山のどこかでライトアップ~祇園・四条河原町~宿泊。2日目、東福寺~東山~ライトアップまで楽しむ。

早朝嵐山は渡月橋ブラっとして、天龍寺からスタート。大覚寺は駅から少し離れるので、自転車のときのみ選択肢に。きぬかけの路エリアは前回行っていない仁和寺を最優先。龍安寺、金閣寺はスルーする可能性あり。金閣寺から歩いて行けるなら、北野天満宮を最後に。この後は夜のライトアップに間に合えばよいので、多少混雑してもバスで間に合うかな?自転車ならチンタラと東山目指す。ライトアップは清水寺・高台寺・青蓮院あたりのどこか。ライトアップ後に祇園・四条河原町ブラブラして、宿へ。

2日目、見頃時期を逃していなければ東福寺を最優先。ということで朝早くから並ぶ予定。となると、清水寺をどう攻略するか、東福寺前に駆け足で早朝拝観というのも検討中。東福寺のあとは、銀閣寺(銀閣寺自体は行かない可能性大)まで行って、哲学の道・南禅寺と南下、青蓮院・高台寺・清水寺としたい(遅くなってもライトアップがあるので)けれど、東福寺から銀閣寺まで距離があるうえ、銀閣寺自体が駅から離れているので悩ましいところ。位置的には清水寺・高台寺・青蓮院・南禅寺と北上していく方がスマートっぽい。南禅寺は見頃の予想時期が早いので、状況によっては南禅寺エリアは却下か?でも、紅葉云々抜きに、哲学の道・南禅寺は捨てがたいし。

帰宅は日がかわらないうちに高速乗れれば良い。というか、高速バスというのも考えていたりして、結局、ほとんどまとまっていない感じ。また、直前にドタバタしそうだ。

しばらくは紅葉の京都情報集め。この記事もメモがわりに都度更新予定。

京都行く日の為に。

青い森の国計画その3

弘前公園の桜の満開予想が一日ごと遅れてきている。現時点では5月3日あたりがベストな感じ。更に今週後半から。青森県内、特に西側の天候があまりよろしくなさそう。2日は深浦、弘前ともに高い降水確率。十和田の予報はそんなに悪そうではないけれど、十和田市街と十和田湖周辺とでは天気も違ってくると思う。

  • 雨での白神散策は避けたい(初心者向けコースだけれど、トレッキングの装備皆無なので)。
  • 桜は出来るだけ満開、ピークで見たい。
  • 弘前は夜と昼間(朝)の二度楽しむ。
  • 奥入瀬渓流は徒歩で。
  • 深浦の海岸で夕陽を見たい(天気によるけれど)。

これらを踏まえると、1日に白神・五能線エリア、2日に奥入瀬・十和田湖、3日に弘前がベターか。

とりあえずアバウトなプラン

未だに決定していないのは問題だが…

1日

30日は半休取ったので午後からゆっくりと北上。当初十二湖からスタートを考えていたけれど、ミニ白神からスタートの方がスムーズっぽい。深夜か1日未明に鯵ヶ沢付近で仮眠。イカ焼き(7時~)、ミニ白神(9時~)、早朝に目が覚めればイカ焼きの前に竜飛岬まで行くも良し。その後の計画は五能線沿線の景色を楽しみながらドライブ。千畳敷海岸等々立ち寄りながら、13時~14時に十二湖。ギリギリで黄金崎不老ふ死温泉には間に合うか(8時~16時)。そして深浦の眺めの良さそうな海岸で夕陽を待つ。夜は青森シティあたりで。

2日

八甲田ドライブ、酸ヶ湯温泉(7時~17時半)、そして奥入瀬渓流。子ノ口からバスで焼山まで下り、そこから子ノ口まで登る予定だけれど駐車場次第。奥入瀬渓流での散策時間は5~6時間くらいかな。バスの始発に乗って焼山に9時前着だから14~15時までひたすら歩く。登ったら十和田湖・休屋。青荷温泉(10時~15時)には間に合わない。夜は弘前へ行き、夜桜を堪能(~21時?)。遅くとも19時前後には到着しておきたいところ。

弘前の無料駐車場が18時まで。朝は何時から開放なのだろうか?

3日

朝から弘前観光とさくらまつり。余韻に浸りながら、帰路へ。

多分不可能ではない計画だと思うけれど。残る大きな問題は宿泊場所。それと食事か。一食くらいご当地グルメ食わなければ。カメラのバッテリーの持ちが最近めっきり悪くなってきたので、どこか充電できるスポットも見つけないと。その他、道の駅・駐車場・ネカフェ・仮眠宿泊可能なサウナ・健康ランドのチェック。

カーナビにスポット登録さえ済んでしまえば、あとは何とかなるかな?ゴールデンウィーク中、全国で最も多くの人出があるらしい「弘前さくらまつり」の計画にしては、ずさんな感じは否めない。

TODO

免許更新、保険の手続き。V・ファイナル、バスチケット購入。高遠の桜、下社山出し。上社山出しの写真現像。バレーの練習と大会。GWの計画。自転車ブレーキ調整、リム洗浄、注油。あと、眠い。

U・D・O・N計画 rev.2

とりあえず土曜に香川、日曜に松山で決定。月曜も有休とった。うどん楽しみ。

香川

到着後の仮眠は、サウナ2時間コース1000円+延長料金(500円/H)、ネットカフェ1~2千円、夜間定額かつ低額の駐車場で車中泊。駐車場料金など事前に問い合わせ必要かも。

香川観光・うどん店巡りは早朝の「さか枝」からスタート。栗林公園が7時開園なのでその前に。栗林公園はWebサイトに60分モデルコース案内図があるので、それ参考に1時間前後で回れるかな。遅くとも8時半までには高松を出たい。

高松を出たら「がもう」経由して「山越」。これで教えてもらった店3店制覇。がもうで待ち時間が長くなるようだと山越が厳しくなるので、できるだけ早めの行動したい。栗林公園での時間配分が勝負どころ。このルートでどれくらい時間がかかるのか見当付かないかれど、いつもNAVIのルート検索では栗林公園から山越まで1時間弱だから遅くとも11時~12時前には山越到着予定。売り切れていないことを祈る。

お昼食べたら金刀比羅宮へ。金比羅山での所要時間は2,3時間ほど見ておいた方がいいのかな。その後は琴弾公園・銭形砂絵。途中どこかでうどん食したいけど、今のところ「長田in香の香」あたりが候補。琴平の「むさし」でカレーうどんもあり。銭形砂絵は夕方頃になるかな。ライトアップするならそれ見て松山へ。この周辺でうどん食うのもありかも。

松山へは下道予定だけど、成り行きで高速。

松山

うどん店巡りばかり考えて松山での計画までなかなか回らない。

宿泊はカプセル予定。到着時間によるけれど道後の夜に繰り出し、温泉(特殊なところではない)でひと休み。翌朝は松山城、ついでに坂の上の雲ミュージアムかな。坂の上の雲ミュージアムは、ガッカリ施設だという書き込みを見たので建築物を眺める程度でいいかも。安藤先生の作品らしい。あとは…、松山市街中心部近辺でどこかしら行きたいな。

早めの昼食をとり、昼には愛媛県武道館。坊っちゃんスタジアムでも眺めながら。用が済んだら直ぐに帰る。途中でへばったらSAで仮眠しつつ、月曜も休みにしたのでゆっくりと。

お土産

完全に忘れていた。お土産買ったら確実に予算オーバー。

あとは日持ちが気になるけれどうどんの生麺、だしも一緒に。

U・D・O・N計画 rev.1

一応、名目はバレー観戦。しかし、最早目的はUDON。

案1:松山-香川

19日

19時頃出発。

20日

4~6時頃に松山到着予定、数時間仮眠。
松山城とあとどこか観光。
昼食後バレー観戦。
観戦後、午前中に道後へ行けなかったら道後。その後香川へ向かう。
深夜、香川県入り金刀比羅宮へのアクセスが良さそうなところで宿泊。

21日

朝、うどんと金刀比羅宮。
時間があればうどんか観光。
昼、うどんと栗林公園。
昼過ぎには帰路へ。
夜のうちには帰宅予定。

案2:香川-松山

19日

19時頃出発。

20日

2~4時頃に高松到着予定、数時間仮眠。
朝、うどんと栗林公園。
時間があればうどんか観光。
昼、うどんと金刀比羅宮。
時間があればうどんか観光。
夜には松山入り。
早い時間に到着したら道後に。

21日

松山城とあとどこか観光。
昼食後バレー観戦。
遅くとも18~19時には終わるはず。
22日未明帰宅。

比較

細かい計画はこれから考える予定だけど考えないかもしれない。

バレー観戦はどちらの組み合わせも似た感じ。スーパーバンドは両日ライブするようだ。観光・うどんメインで考えると案2。翌週の生活を考えると早めに帰宅できる案1か。うどん県が先か野球県が先か。案2の方が行程はスムーズな気がするし、メインのうどんは堪能できるはず。

とりあえず土曜にうどんという気持ちが強くなってきた。あとは観光スポットとうどん屋をいくつかピックアップ。日曜にチケット購入したいので、どちらの案にするか決めないと。

予算

ぴあでは指定売り切れ。協会Webサイトでは、両日とも指定席残りわずかと記載あり。高速は片道3100円(22時~24時・0時~6時)の予定。チケットは前売り、高速はカードで翌々月払いだったはずなので、当日予算はこれらを別として2万円以内が目標。

ガソリンは最低2回給油で10000円近くかかるかな。それでもバスや電車や飛行機利用すると考えれば相当安い。食事、普通にとれば6回の食事。うどん数百円なので合計でも数千円で足りそう。土曜の夜は漫喫・サウナ・健康ランド、その他安宿。いずれにしても3000円前後で。あとは駐車場と観光スポットでの料金。栗林公園、琴平の駐車場、松山城、道後温泉、松山では公共の交通機関利用の予定なので伊予鉄の乗車券など。多分合計で数千円。

旅費安く抑えて、夜の街へ繰り出す。か。

U・D・O・N計画

教えてもらったおすすめうどん店は日曜が定休日だった。ショック。そもそも日曜営業の店は少ないらしい。ショック。
そうか、土曜に香川観光すればいいじゃん。帰宅が月曜未明になりそうだけど、有休でカバー。

後でちょっと計画練り直し。

宿泊

松山・道後

香川県

日曜定休。残念。

まだまだ日にちがあるので、随時追加予定。

NV-U75V 使用感想

SONY のポータブルナビ、nav-u NV-U75V。母校までと伊豆・石廊崎までの行き帰りで使っただけだけど、NV-U2(無料ファームアップのみ適用)と比べての感想。

ちなみに、ゴリラという名前が嫌なので、個人的にnav-u 一択状態。NV-U2購入した時点では、他メーカーよりナビ性能が優位だったということと、ピタッと取り付け簡単なのも購入理由のひとつだったけれど、価格や2ちゃんねる見る限りでは、基本性能というか使い勝手はゴリラに一日の長がありそうです。以下、価格のレビューにならって。

デザイン

嫌いじゃない。不評な太枠とクリアな画面も悪くない。指紋は確かによく付く。使用時はほとんど気にならないけれど、電源切ると非常に目立ち、気になります。サイズ的にはこれで十分。これ以上大きいとポケットに入れて持ち運べなさそう。付属のケースはU2の質感の方が好みだった気がする。

背面のクレードル取り付け部、U2は可倒式のアンテナを開いて取り付けだったけれど、U75Vはむき出しでそのまま取り付け。徒歩ナビで持ち歩くこと考えると接点部分は隠れた方がいい気もするけど、壊れやすさを考えると可倒式でない方がいい気もする。クレードルへの取り付けはU2の方が取り付けやすかった。U75Vはちょっと引っかかる感じで、なかなかカチッとはまらない。

操作性

静電タッチパネルは感度ばっちり。フェザータッチでも敏感に反応します。愛用の手袋(軍手)では反応しなかったので寒いときの操作は困りそう。最寄検索や住所検索とかの使い勝手はだいぶ向上した感じ。検索速度もU2は遅かったけれど、ストレス感じません。文字入力のキーボードが50音対応になったのもよい。U2に比べかなり良くなっている印象です。

ナビ性能

比較対象がU2のみなのでわからないけれど、不案内な場所を走る分には十分かな。検索速度はU2とあまり変わらない気がする。決して早くはないが、何とか待てる時間。推奨ルート1と推奨ルート2の違いが良くわからない。検索時間の遅さより検索条件変えると再検索になることが不便。条件をパッと切り替えてルート確認できたらいいな。

自宅から母校への検索で上諏訪の湖岸通りから国道へ抜けるのに、北沢美術館横の細い道を案内するのはU2と同じ。「高浜」の交差点で国道にうつるのが一般的と思うけど。知らない場所でこの様な細い道案内されていると考えるとちょっと嫌かも。

U2の時に感じた不満点は、推奨ルート検索でバイパス的な幹線道路からはずれ、市街地やら通り抜けるルートを案内することでした。距離的に短くなるルートを案内しているのだろうけど、信号や道路事情考えるとバイパスそのまま走った方が早そうだし、不案内な場所の商店街とか住宅街とか、より神経を使う道はあまり走りたくない。この点がU75Vで解消されているかは不明。メモリが8GBになったことで、地図が詳細になり、交差点名も案内してくれたりと、以前より迷うことは少なくなりそう。

徒歩ナビは未使用なので楽しみです。

画面表示

クリアな液晶画面は見やすい。画面への写り込みも個人的には気にならない。U2と微妙に案内情報等の表示位置が変わっている気がして迷った。慣れの問題かと思う。2画面表示とかまだ使いこなしていないので、どんなもんでしょう?デフォルトの表示で個人的には十分なので。

AV機能

ワンセグのみしか使ってないけれど、まずまず。起動というか動作がちょっともっさりしていた気がする。動画は用意するのが面倒だし、音楽はU2で聴いたことあるけれど、カーステの方が音がいいのでたぶん使用しない。Bluetooth での携帯のハンズフリー、ソニエリの携帯は使えない。αとの連携…、フォトフレーム代わり?

拡張性

ビーコンユニットとかあるけど、自分にはとりあえず不必要かな。渋滞にはまるのも旅の思い出。

まとめ

U2以前で地図更新していない人は買い替えアリな製品かと。個人的には使い勝手が向上して満足っぽい。ただし、自分はこの手のアイテムは使えればいい程度の考えなので、色々こだわる人的にはどうなのだろう。

SONY パーソナルナビゲーションシステム U75V ワンセグ NV-U75V