迷走ビューア

元々の原因は、純正のImageDataConverterSRで回転(傾き補正)と縦横比固定のトリミングすらできないからだけれど、レタッチするのにJPEGよりTIFFの方が良いかなと思い試し始めたのがきっかけ。TIFFで色々編集して保存して、exif情報を残してくれるフリーなソフトってなかなかないと知った。

以下、純粋な画像ビューアと画像管理(ファイラ)系ビューアとレタッチソフトとごっちゃで。

IrfanView

昔からメインで使っている画像ビューア。色々できるので基本これだけで作業を済ますことが多いのだけど、TIFFからTIFFやJPEGに保存しなおすとexifが消えてしまう?

GIMP

ちょっと手を入れて編集するときには写真屋いらずなこれ。TIFFファイルだとexif読み込まない?

主に使っているふたつのソフトが上手くexifを残してくれないので、色々試してみている。

XnView

IrfanViewと並び多機能なビューア。TIFFでもexifは残るっぽい。とりあえず回転・トリミング・リサイズ・一括変換などirfanでやっていたことはさくさく行える。使い勝手も上々。irfan程度のものでよいから、もう少しペイント機能が強力だったら最高なのに。

FastStone Image Viewer

XnViewと使い比べて、結局消してしまったのだけど。完全に好みの問題かな。ちょっとした使い勝手が好きじゃなかった。TIFFのexifは残るっぽい。

MassiGra

猫まっしぐら。irfanを参考にしただけあって、個人的にはしっくりくる。でももう一歩。とにかくひとつのソフトで色々やりたいので。TIFFの読み込みは要susieプラグインで、TIFFの保存はできないのかな?

PhotoFiltre

TIFFのexifは消えるっぽい。

Paint.NET

exifは残るけれど、中身が色々と削られるっぽい。

TIFFでの編集・保存はいずれもいまひとつ。素直にJPEGで加工しろってことですね。保存を繰り返して画質劣化したところで良くわからないし。

WordPressの引越し

XREAのデータベースが壊れて?サーバーを引越しした際のメモ。同じXREAのs270からs325への引越しです。

WordPress 管理画面からのエクスポート

てっとり早く済ませようと、まずは管理画面からエクスポートを試した。でもなぜか途中までの記事しか保存されず。てことで断念。

phpMyAdmin からエクスポート

辛うじてphpMyAdminにはアクセスできたので、ここからデータベースをエクスポートすることに。設定は確か画像の通り。

phpMyAdmin

一気に全てのテーブルを保存しようとしたらどうも上手く全てのデータが保存されてなかったので、実際はひとつひとつエクスポートしました。更に圧縮なしでも上手くいかないことがあったので、gzipで圧縮して保存したりも。ちゃんと保存されたデータをチェックしたわけではないけれど(チェックの仕方もわからないが…)、何となく良さそうだったのでOKということで。

新サーバーでインポート

VALUE DOMAIN から新しいサーバー借りて、有料サービスの利用権を移動して、XREAのコントロールパネルからマイドメインの設定やらデータベースの作成とかして、と、この辺は割愛。色々反映されるまで小一時間ほど作業。FTP繋がるようになったらファイルをUPでWordPressのインストールして、新しいサーバーのphpMyAdminから保存したファイルをインポートしたら見事記事も設定も引越しに成功。

旧サーバーと新サーバーでMySQLのバージョンなど若干仕様は違ったけれど、XREAからXREAへの引越しだったのでトラブルなくできたのかも。定期的にバックアップしておけば、もっと短時間で作業できそう。

てっとり早くエンコ

年明けにOSを再インストールして,しばらく動画エンコードはせずにいたけれど,また少しずつエンコしてこうかとし始めるも,コーデックをインストールしていなかったことに気付く。ずっXvidでエンコしていたけれど,AviUtlで不要部分カット・WAV出力・エンコードして,lilithでWAVをoggへエンコード,VirtualDubModで結合って流れはかなり面倒。ということでちょっと調べてみたところ,以前も参考にしたLostTechnologyに「MP4でビデオ保存」というのががあるじゃないですか。何も考えずにこれでやってみることに。H.264/AACなMP4です。

準備

他のものは一通り揃っていたので,とりあえずx264 詰め合わせをダウンロード。インストール方法は,間違ってなければ,pthreadVC2.dllをシステムフォルダに,auoフォルダ内のファイルをAviUtlのプラグインフォルダにコピー。vfwフォルダ内のx264vfw.infを右クリック-インストール。あとはreadme.txtに書いてあるとおり「.Net Framework 2.0」と「Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ 」のインストールとneroAacEnc.exeを適当にインストール。

エンコード

AviUtlでテキトーに編集したら早速保存。x264の設定はx264の設定を参考に。MP4の保存も圧縮の設定もAviUtlのメニューの「ファイル」-「プラグイン出力」-「拡張x264出力(GUI)」から。ダイアログの「ビデオ圧縮」でプラグインの設定画面が出て,コーデックやAACの設定が出来ます。名前をつけて保存すればエンコードが始まり,翌朝にはMP4ファイルの出来上がり。

エンコード時間はXvidより遅い感じだけど,映像と一緒に音声まで一気にエンコしてくれるので,作業自体は楽になったかな。プラグインにいくつか設定がプリセットされてるし,用途によって簡単に設定を切り替えられるので便利かも。

mixiミュージック

mixi stationがWindows Media Player・iTunes ・Winamp にしか対応していなかったので、Sound Player Lilith使いの自分としては、mixiの中の人にこんな機能あるよって宣伝されても、それを試せずにいました。

今更Winamp使うのも面倒だし何とかならないものかと調べていたら、ありました。lilithからmixiミュージックへ楽曲の再生履歴を送信する方法。

まずは、mixi station をインストール。このときWinamp用プラグインもインストールするようにします。次に、axelaristにあるlilith用プラグインのmixiミュージックWrapperをインストールし、readme.txtに書いてある通りに設定等を済ませる。これでlilithで音楽聴いたらmixiへ情報を送ってくれるようになります。やっぱり使い慣れたソフト使うのが一番。

ただこういう非公式なものって、大概締め出し食らうんだよね。公式ツールからの情報じゃないと受け付けないとか。でもWMPなんて使いたくないし、iTunesはどうか知らないけれど同じ林檎製のQuickTimeはなんか嫌な感じのプレイヤーだったので、やっぱりこれも使いたくないな。

Winamp用のプラグイン経由でmixi stationに情報送ってる?っぽいから、何か大きな問題があるとも思えないし、mixiの中の人がこういう非公式な方法を大目に見てくれるかどうかだけだよね、後は。mixiの中の人はきっと心が大きいから大丈夫。と言ってみるテスト。

キャプチャエンコード

動画エンコードに挑戦なんて書いて以降、HDDに余裕があるし、時間がすごくかかるし、DVDにそのまま焼いた方が幸せだとか言う言葉も見かけるし。で、そのまま放置状態だったんですが、バレーの放送が多くて、たくさん録り貯めていたらHDDの残り容量が結構ヤバイ感じになってきたので、再挑戦。

準備

キャプチャソフト

ふぬああとか調べてみたけど自分にはまだまだ敷居が高いので、素直にボード付属のmAgicTVで。録画の画質は最高画質を選択し、平均ビットレートを6.0Mbpsから9.0Mbps、最高ビットレートを15Mbpsに変更。デフォルトの設定がVBRになっていたからそのままだけど、CBRの方がいいと書いてあったところも。CBRでビットレートを15Mbpsにした方がいいかな?

コーデック

WMVやDivXが有名だけど、エンコ速度と画質などバランスが良さそうなXvidを採用。PHANTASIA.NETから、Xvidの本体と日本語化バッチをダウンロード。Xvidのバイナリ配布元は色々あるらしいけれど、インストーラー付きのKoepi’s版が初心者にはわかりやすそうなのでこれをインストール。

設定はこの辺を参考に。

色々試すの面倒なので、だいたいこんな感じで設定。
xvidの設定その3 xvidの設定その1 xvidの設定その2
Target quantizer は3~5位で試行錯誤してます。ただこれだと、キャプチャした元のMPEG-2のせいか、動きの多いバレーの動画のせいか、サイズがあまり縮まない。画質もぼやけた感じになったりすることがあるので、時間があるときは2passと併用していこうかと。

エンコーダー

他のソフトも試してみたけど、一番馴染んだので定番のAviUtlを使用。AviUtlのプラグインから必要そうなプラグインを入手。AviUtlではMPEG2が読み込めないようなので、MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-Inが必須。フィルタ類は個人的に標準のもので十分そう。実写(スポーツ)をエンコードするときにはフィルタはあまり使わず、インタレースも保持する?と書かれてるところが多い感じ。(と言っても、実写ものをエンコする情報はかなり少ないけど。)でも、PCでしか視るつもりはないのでインタレースは解除する方向で、設定は自動に。後はクリッピングで左右8ずつ削って(8ずつの理由はよくわからないけど)リサイズで640×480に。画質はもちろん重要だけど、エンコ速度とサイズも重視で色々試しながらエンコードしてます。

いざエンコ

GV-MVP/RX3付属のmAgicPlayerで何故かCMカットができなくなってしまったので、AviUtlで編集して出力って流れに。まずはキャプチャしたMPEG-2ファイルを読み込んで、CMや不要部分の削除。フィルタは適当に、まずクリッピングで上下左右にある黒い部分をカット、サイズ変更を640×480、インタレース解除を自動に。フィルタたくさん使うとエンコードの時間に影響が出てくるし、実写動画はあまり弄る必要もないようなので、使うのははノイズ除去(時間軸)くらいノイズ除去なしでお試し中。

準備ができたら、WAV出力して音声だけ別に。できたWAVファイルを午後のこ~だでMP3(AVI用)に変換するか、Sound Player LilithでOgg(OGM)に変換。音質はあまり気にしないので、MP3ならビットレート96kbps、Oggは品質ベースで64kbpsにしてます。

次にAVI出力。ここでは音声無しにしてエンコードです。自分の環境では、1時間番組なら1時間半くらいかかるかな?ま、寝る前か出掛ける前にバッチ処理して、終了後シャットダウンさせることがほとんどなので長時間でも気にしない気にしない。

エンコが終わったら無音のaviファイルを再生して一応確認。なかなか満足とはいかないけど、ある程度妥協できる画質だったらVirtualDubMod(日本語化パッチ配布サイト:non existent)でAVIとMP3かOggを結合。これで完成。

これだけ手間がかかるから、DVDに焼いた方がいいと言うのも頷けます。

秀丸の設定

内部的な調整ばかりして、まともな更新は出来てません。来週も友人の結婚式で横浜へ行くので、本格始動は4月からになりそう。

新しいPCにしてから、秀丸の設定を何もしてなかったので、まずはそこからの作業になってしまいました。秀丸のバージョンも6.00以上になり色々と便利な機能も増えたのでマクロの整理がてら環境作りです。OS再インストールする際に、フォルダのバックアップはするんだけど、毎回忘れる設定バックアップ。今回もまたやっちゃった。

つーことで 田楽(でんがく)DLLをぶっこんで、まずは必須マクロのふたつ、CompleteXCompleteTag + CompleteCSS。HTMLとCSSを記述する際には手放せない二品です。秀丸にも単語補完の機能が追加されたけれど、使い方よくわからないし、文法を考慮して候補を絞り出すと言う事は出来なさそうなので、まだまだ利用価値は高いです。

今まで必須だったGrep置換系のマクロは秀丸に標準搭載されたし、アウトライン機能もかなり便利になったので、これらの機能を担っていたマクロは不要。細かい機能追加だけど、文字の折り返しをウィンドウ幅、最大と一発で切り替えられるようになったのも個人的にはナイス。実は簡単なマクロを使って切り替えてたりしてました。さらに2ストロークのキー割り当ても一応出来るようになったので、キー割り当て拡張のマクロも不要に。文字実体参照への変換は変換モジュールで出来るし。

とりあえず、前述の二つのマクロ配布サイトから以下のマクロをダウンロード。

ブログに移行してからは、HTML編集のマクロはあまり使わないけど、無いとなんとなく不便なんで。Quartaに関しては、基本的には秀丸の機能で事足りるだろうけど、複数行のGrep置換するのに、プレビュー付で便利ということで、インストール。あとはHTMLカラーダイアログマクロを入れて、とりあえずマクロ関連は大丈夫かな。いろいろ機能が追加されたおかげで、煩雑だったマクロもずいぶんとスッキリ。

あとは、カラー表示とかアウトライン解析の設定をすれば終わりだけど、公式のライブラリにパッとするものが見つからないし、1から作るの面倒なので、結局KaleidoConfを使って、今まで使っていたプリズムのカラー表示を反映させ、強調表示を読み込むことに。少し自分なりに微調整してようやく完成。

てなことやってるうちに、時間は過ぎていくのです。ま、気になっていたCSSのの不具合は修正できたし。テーマについても非推奨になったタグを書き換えたりと、見えない部分では結構変わってるんです。しばらくはこんな感じの作業メモばかりになりそうだけど、こうした備忘録が残ってないと次のときに苦労するからさ。今回それを実感しています。

本とか

自分は持ってないけど。
編集者・執筆者のための秀丸エディタ超活用術 秀丸エディタハンドブック 「秀丸」を100倍生かす強力マクロの使い方