Wp-MixiPublisher リニューアル対応版

10月1日のmixiリニューアルの影響でWp-MixiPublisherが動かなくなっていたけれど、早速リニューアルに対応した改造版を公開しているところがありました。元のプラグイン作者の記事のコメント欄にも変更に対するパッチとしてとおりすがりさんが修正方法を記入してくれているけれど、上記の記事ではファイルとして公開してくれてます。

<p>ごとに空白行を入れる修正を加えて、先ほどテスト投稿したところ、ちゃんと反映されてました。

それに、aタグだったかな?の属性によってエラーが出る不具合も修正されてる?以前この修正を加えたはずの手元のファイルと見比べたけれど、どこを修正したのか全然記憶にないのではっきりしたこといえないけど、もし修正されているとしたら素敵。ただ、フッターとして登録した文章が先頭に表示された。ま、別に問題もなさそうだし、これで今までどおりブログとmixi日記の同時投稿が可能になりました。めでたしめでたし。

mixi リニューアル

リニューアルはいいけど、なんだかWordPressのWp-MixiPublisherが使えなくなってる?記事投稿してもmixiに反映されない。さらにSleipnirのMixChainも使えなくなってるみたい…。

lilithからmixiミュージックへの送信は問題なさそうな感じだし、MixChainはあまり利用してないからいいけれど、Wp-MixiPublisherは作者放置状態だからなぁ。誰か新しいプラグイン作ってくれない限り、WordPressとmixi日記の同期は難しそう。mixi日記を外部ブログに設定しなおすか?

こういうの面倒臭いなぁ。

WordPress2.3

アップグレードしました。タグ機能の追加など、大幅な変更が加わっているらしいのでちょっとビビってましたが、上手くアップグレードできたっぽいです。

タグ機能の追加でカテゴリ関連のテーブルに変更があるので、それに絡んでいるプラグインは問題が出たりなど、新しいバージョンでは使えなくなったプラグインのリストも公開されているようです。自分が使っているプラグインでは UltimateTagWarrior と Extended Live Archives が該当。UTWは新しいバージョンでタグが使えるようになるので不要に。タグのインポーターも付いているので、今までUTWで付けていたタグをそのままWordPressの方へ持っていけます。とりあえず何事もなくインポートできて、ホッ。

Extended Live Archives はアーカイブページで使っていたのだけど、これはページを削除(非公開)にしてブラグインを無効化して対処。他は今のところ問題なさそうな感じだけど、ただ一点、アクセス解析に使っている WP-SlimStat-Ex がときどきデータベースエラーになってる。閲覧するのに支障はなさそうなのでしばらく放置の方向。

新バージョンは、ベータ版の頃から試している人などもちらほら見かけるけれど、正式公開されたばかりなので日本語の情報がまだまだ少ないのが不便です。特にタグは管理画面などが用意されているわけでなく、プラグインによって機能追加しなければならないので、その辺の情報が早くほしい。英語苦手だし読む気もあまりないので、気長に待つか…

タグ周りのプラグイン

今のところタグ付け機能 – ps*wikiが詳しいのかな。

Advanced Tag EntryTag Managing Thingをインストールしてみたけれど、Tag Managing Thing が何故か動かない。Recommended Tags for WordPressもちょっと気になるのでそのうち試して見るつもり。

タグを利用した関連記事の表示にはWP 2.3 Related Posts。日本語タグも問題なさそうな感じ?

あとは、記事一覧で一括編集できるようなプラグインがほしい。適当にタグ付けしてきたので、ここらで整理したいんだよな。

“WordPress2.3” の続きを読む

UltimateTagWarrior

結構多くのブログ等で見かけるようになったタグ付けに挑戦。記事にタグ(キーワード)を付けて、カテゴライズするって感じかな。自分としては標準であるカテゴリーだけで十分なんだけど、各記事の関連記事を表示をしたいがためにインストール。色々調べた感じで、このプラグインでのタグを利用したものが関連記事を表示するプラグインの中でベターなんじゃないかなって。

詳しく解説しているサイトがあるので、それ見て導入。日本語版はバージョンが古いらしいけど英語は嫌だから、試しにlanguageフォルダとヘルプだけ最新版に上書き。一応動いている感じ。ついでに既存記事のタグ付けにとReTag Post-Extension for UTW もインストール。

ちょちょいと設定を済ませて終わりなんだけど、UTWのオプションの設定画面が少し変。設定項目のタイトル部分で背景色と文字色が同じ色で、何書いてあるかわからないし、ReTagの方はPostとTagsの横幅が崩れてるのと、前のページをクリックしてもページが切り替わらない。

オプションの設定の文字が見えないのはたいした問題じゃないのでそのまま放置し、ReTagの方はファイルのCSSを記述している部分を自分好みに書き換えて対処。ただ、ページが切り替わらないのはさすがにお手上げ。

ページ切り替えが出来ず、ReTag Post-Extension for UTW がいまいち使えないので、The inline tag-adderとやらを使ってみることに。これは記事の編集画面に入らずにタグを追加できるもので、ヘルプにあったテーマへの記述例をそのままコピペ。実際にタグを追加してみると、追加されない。悩むこと長時間。

色んな文字を登録して試してたところ、英語はちゃんと登録されるけど日本語はダメっぽい。で、すでに登録済みの日本語タグがエンコードされているので、試しにエンコードされた文字列を追加してみると日本語にデコードされて表示。ここで調べること長時間。

どういういきさつでそうしたか忘れたけれど、ultimate-tag-warrior-ajax-js.phpの

http.open('get', '?action='action+'&tag='+tag+'&post='+post+'&format='+format);

と書かれているような部分にencodeURI()を書き加えてあげたら、出来た。

何がどういう処理をしているのかまったく理解していないけれど、意図した通りに動いているからいいや。

IImage-browser 日本語版

画像のアップロード・リサイズからディレクトリの作成までこなす万能選手なので便利です。

っていうプラグイン。今のところ頻繁に画像をアップするつもりはないけど、便利そうなのでインストール。

最初はLightbox用のコードをと思っていたけれど、WPJ-Highslideを使うことにしたのでデフォルト版を使用。でも、記事の投稿画面や編集画面にクイックタグが追加されるはずなんだけど、何故か新規投稿画面に追加されず。for Lightboxではちゃんと追加されるので、iimage-browser-plugin.php を見比べて見ると、defaultとfor Lightboxとで少し違うみたい。試しにfor Lightbox のファイルと差し替えてみたところ、クイックタグも追加されるし、ちゃんと動きそうな感じなのでとりあえずこれでいいかな。

default版はカスタムコードを設定できるようなので、wp-admin/iimage-browser.php の71,72行目をコメントアウト、exampleの68,69行目の先頭にある//を削除。さらに [dec]$ib_custom_code_thumb[/dec]の方を、

[dec]%title[/dec]

として、Highslide JS 用のタグを書き出すよう書き換え。

これでWPJ-Highslide用の属性の追加などもだいぶ楽になったと思う。

WPJ-Highslide

画像をかっこよくオーバーレイ表示して見せる、いや魅せるステキなJavaScript、Highslide JSをWordPressに組み込むプラグインです。

WordPress « Odysseygate.com

この手のスクリプトはLightboxが有名で、WordPressのプラグインも何種類かある模様。どれがどう違うのかよくわからないけれど、Lightbox2.0系のをざっと探しただけでも3種類。

色々試したり検索したりしているうちに Highslide JS というのを知り、さらにプラグイン化されているとのことで早速使用。Lightbox2.0 よりも動作も軽いし個人的にはこっちの方が好きかな。

ということで
chocolat
こんな感じです。サムネール画像をクリックするとぐぃ~んとズーム。ズーム中はドラッグで移動も出来ます。も一度クリックで閉じますよ。

mixiデビュー

mixi日記デビューです。あまり活用していないmixiだけど、友人がmixiの中の人になったりしたので、少しは活用してみる気になりました。で、ブログとmixiに別のこと書くのは面倒なので、基本的にはブログの内容をmixi日記に複製しようかと。

そんなことでWp-MixiPublisherというプラグイン。

WordPressの投稿を公開またはすでに公開されている記事を
更新する際に、「Mixiへこの記事を投稿する」という
チェックボックスを有効にすることでMixiへも記事の
投稿を行います。Mixiへの投稿内容は「全文」「概要」
「無し」から選べ、Aタグ以外のすべてのHTMLタグは
除去されます。フッターを付加できるので、ブログへの
誘導もできるかと思います。

プラグインの有効化でエラーが出るので、netamixさんの記事を参考にファイルを修正。

ということで、ちょっくらテスト投稿でした。

runPHP

記事やページ内でPHPを実行させることが出来るプラグイン。そもそもPHPを使えないので滅多に使う機会はないけれど、ブログ導入以前からあるコンテンツとかは、普通にHTMLで書いてあったりするので、そのファイルをインクルードして表示してます。あと広告のタグなんかも入れ替えやすくするために外部ファイルにしてたり。ブラウザ上で編集できるのは便利だけど、ローカルで一括置換、FTPで転送の方が慣れているので、ちょっと変な事してますが。外部ファイルをインクルードするのやめて、いい加減データベースに格納しちゃったほうがいいかな?

WP-AddQuicktag

投稿画面にクイックタグを追加するプラグイン。よく使うタグや定型文なんかを登録しておくと便利。WordPress定番中の定番プラグインのひとつ。かな?使い方もボタンの名前と開始・終了タグを指定するだけで簡単。

Nucleusの時はコアファイルを弄ったりして追加した記憶があるけど、プラグインなら楽でいい。クリップボード拡張ソフトなんか使ってる人にはそっちの方が便利かもしれないけれど、これはこれでとりあえずインストールしたいプラグインと思います。