青い森の国計画その3

Pocket

弘前公園の桜の満開予想が一日ごと遅れてきている。現時点では5月3日あたりがベストな感じ。更に今週後半から。青森県内、特に西側の天候があまりよろしくなさそう。2日は深浦、弘前ともに高い降水確率。十和田の予報はそんなに悪そうではないけれど、十和田市街と十和田湖周辺とでは天気も違ってくると思う。

  • 雨での白神散策は避けたい(初心者向けコースだけれど、トレッキングの装備皆無なので)。
  • 桜は出来るだけ満開、ピークで見たい。
  • 弘前は夜と昼間(朝)の二度楽しむ。
  • 奥入瀬渓流は徒歩で。
  • 深浦の海岸で夕陽を見たい(天気によるけれど)。

これらを踏まえると、1日に白神・五能線エリア、2日に奥入瀬・十和田湖、3日に弘前がベターか。

とりあえずアバウトなプラン

未だに決定していないのは問題だが…

1日

30日は半休取ったので午後からゆっくりと北上。当初十二湖からスタートを考えていたけれど、ミニ白神からスタートの方がスムーズっぽい。深夜か1日未明に鯵ヶ沢付近で仮眠。イカ焼き(7時~)、ミニ白神(9時~)、早朝に目が覚めればイカ焼きの前に竜飛岬まで行くも良し。その後の計画は五能線沿線の景色を楽しみながらドライブ。千畳敷海岸等々立ち寄りながら、13時~14時に十二湖。ギリギリで黄金崎不老ふ死温泉には間に合うか(8時~16時)。そして深浦の眺めの良さそうな海岸で夕陽を待つ。夜は青森シティあたりで。

2日

八甲田ドライブ、酸ヶ湯温泉(7時~17時半)、そして奥入瀬渓流。子ノ口からバスで焼山まで下り、そこから子ノ口まで登る予定だけれど駐車場次第。奥入瀬渓流での散策時間は5~6時間くらいかな。バスの始発に乗って焼山に9時前着だから14~15時までひたすら歩く。登ったら十和田湖・休屋。青荷温泉(10時~15時)には間に合わない。夜は弘前へ行き、夜桜を堪能(~21時?)。遅くとも19時前後には到着しておきたいところ。

弘前の無料駐車場が18時まで。朝は何時から開放なのだろうか?

3日

朝から弘前観光とさくらまつり。余韻に浸りながら、帰路へ。

多分不可能ではない計画だと思うけれど。残る大きな問題は宿泊場所。それと食事か。一食くらいご当地グルメ食わなければ。カメラのバッテリーの持ちが最近めっきり悪くなってきたので、どこか充電できるスポットも見つけないと。その他、道の駅・駐車場・ネカフェ・仮眠宿泊可能なサウナ・健康ランドのチェック。

カーナビにスポット登録さえ済んでしまえば、あとは何とかなるかな?ゴールデンウィーク中、全国で最も多くの人出があるらしい「弘前さくらまつり」の計画にしては、ずさんな感じは否めない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください