突然の辞任表明

エアロビ大会の放送を急遽取りやめてまでの大ニュース!

んー,好きな政治家の一人なので何か企みがあるのかと期待してしまうけれど,明日の朝日の社説には「オザワする」なんて事書かれやしないかと心配。

さて,自分も職場にちょっとした混乱を起こして“オザワ”しようかと考えています。それとも無責任に“アベ”しようか。

TBSと亀田一家

「疑わしいが捏造ではない」と同じようなこと?

世界バレーでの竹下MVPや年末の秋山ヌルヌルはまだヌルいのかな。一昨日の異種格闘技戦(WBCフライ級タイトルマッチ)、大毅偏向の実況・解説だったから観戦し始めたときは挑戦者を「なかなかやるな」と思ってしまった。途中の採点での差と、チャンピオンが「何か」に執拗な抗議をしているのを見て「あれ?」とは思ったけれど、ボクシング素人としては実況・解説のコメントを鵜呑みにしてしまう。TBSが小さい頃から大切に育ててきた金、もとい”亀”田を応援するのは構わないけれど、事実と異なる事を伝えるのはやめてほしい。試合中に実況や解説されていた内容と、試合直後からのネット等ニュースでの選評とは、明らかに温度差があったように思う。

ハニカミの盗聴とか色々やらかしてくれるTBSのスポーツ中継からは目が離せないのだけど、世界陸上の日本勢惨敗とかバレーファンとしてはこの前のWGPの予選敗退とか、どうもTBSはツイてないね。この際しばらくスポーツのビックイベントに関わるのはやめた方が。せめてバレーの中継だけでも他局に譲ってもらいたい。「報道のTBS」らしく、質の高い報道番組をしたらいいと思う。

「反則を止められなかった」とか「亀田家のボクシング用語」とか「闘志の現れ」とか、そんなことはもうどうでもいいし。ただ、逸材”かもしれない”亀田兄弟を安易に見限るは如何なものか。今後もしっかりと追っていってほしい。

サンジャポ

テリー伊藤、GJ。

内藤 vs 亀田

途中から視聴。最終ラウンドのしょっぱさは「若さ」で片付けちゃいけないと思う。専門的なことはわからないし、技術的に両者がどうだったのかの判断も自分は出来ないけれど、最後の反則で全てをぶち壊してしまったような気がする。でも、ボクシングの世界戦で、まさか総合格闘技が見られるとは。お得だね。

それはそうと亀田父子の会見が聞きたい。どういうコメントをするのか。今まで亀田父子を持ち上げてきたTBSのニュースなどでの扱いも楽しみ。実況は「大毅コールが」とか言っていたけれど、圧倒的な内藤コールが鳴り響いていた気がする。自分も内藤贔屓だったけど、あそこまでアンチが多いとはな。

ま、内藤にしても亀田父子にしても、大事なのは次からだと思う。何はともあれ内藤大助初防衛おめでとう。

選挙へ行こう

2007年参院選 -ザ・選挙 JANJAN全国政治家データベース-

明日は参院選。長野県の立候補者もさっき確認した程度の感心なんだけど、投票には行きますよ。行くには行くけど、今現在もどこに投票しようか考え中。争点は色々あるんだろうけど、年金問題が一番なのかな。納付履歴を記載する手帳をつくるとか、どの政党も似たような感じ。きっちり「保障します」とか言われたところで、もともと払ってもらうのが当たり前だから、そんなことを声高に叫ばれてもって思う。社民党や共産党も変なところに拘るのはやめて、社会保障の面で頑張れば支持も増えると思うのに、残念。両党にとって、社会保障は本来得意分野なはずと思うんだけどな。ま、それなりに「確からしい」年金制度に立て直してくれそうな政党を支持します。

改憲も争点のひとつ。自分はどうも護憲派の方々が胡散臭くて仕方がない。どうしてもっと「より強固な9条を作ろう!!」とか言わないんだろう。現状の、拡大解釈がまかり通る憲法(9条)で満足してる護憲派っていったい?そういう意味でも、社民・共産両党は自分にとって残念な政党なんです。

教育問題も争点?数年で結果を求めずに、もう少し「ゆとり」をもって考えてほしいよね。

格差問題、これが一番身近な問題かな。経済格差・地域格差。ふるさとなんたら税とかは興味ないけど、これ地方交付税とは何が違うの?不勉強でよくわからん。自民党はちゃっかり道州制を推進してるんだ?でも信州は独立だよね、康夫ちゃん。

で、どこに投票しよう。さすがに自民党は、って風潮だし、かといって民主党もパッとしないし。宗教団体は問題外だし、社民党や共産党はアレだし。綿貫さんや静香さんところの国民新党はなんだか古臭いし、新党日本もなんだかなぁ。それにしても色んな政党(政治団体)があるのを今更知った。

上記の政治団体で比例区に関係するのは新風、共生、女性、9条。ま、共生を除いて極右・極左って印象。こう見ると黒川紀章ってまとも?

あぁ、東京都民なら丸川珠代たんに一票入れるんだけど。個人的には好き(女子アナとして)なんだけど、色々と問題や批判も有るみたいで案外不人気っぽいね。やっぱり世のお父さんたちは、滝クリの斜め45度がお好みのようで。

選挙速報

選挙の何に興味があるかって、各局の選挙速報なわけで。立候補者やらマニフェストやら見てたら、すっかり各局の選挙特番調べるの忘れてた。なので、ざっとチェック。

日テレはZEROでの特番。個人的に日テレのニュース番組は見ないことにしているし、ZERO自体安っぽいニュース(といえるのか?)でまともに見たことないので却下。テレ朝は古館君、TBSは鳥越さん。フジは27時間の関係で他より遅い時間からクリステルで勝負?テレ東はまたドラマやるみたい。徳光と小池栄子じゃはっきり言って弱いと思う。ドラマもTVタックルの方が面白いし。NHKは別格として、古舘君ところが無難かな。丸川珠代の扱い方も興味深いしね。TBSも、「報道の」なんて冠を付けるような局ではなくなったし。でも古舘伊知郎は自己主張が強すぎていまいち好きになれないんだよな。生でのしゃべりはとても巧いだけに、もう少しキャスターらしく振舞ってくれたらいいのに。

禁煙タクシー

今日、後ろを走ってる○山タクシーの運ちゃんが堂々とタバコを吸ってたが、長野県のタクシーは禁煙になったんじゃないの?思いっきり振り向いて、2,3度ジロ見してみたが気づかれるわけもなく。嫌煙家の自分としては、もし地元でタクシー(代行も含む)を利用するときは、中○タクシーは避けようと思う。タバコ臭い車は勘弁。

明日は仕事

個人的にはまるっきりやることがないのに、明日は仕事。仕方がないので、45分毎に15分の休憩を挟み、キータッチは5000回限定で仕事をしよう。キータッチはもともと少ないから、マウスクリックも合わせて5000回でいいか。

誰かに何か頼まれない限り、自分からは何もしないつもり。仮に何か頼まれても、1,2時間待ってくださいとか、また別の機会に頼みに来てくださいと、やんわり拒否するのもありかな。それとも外でビラ配りでもしてみようか。

もし何か仕事が入っても、確認作業を敢えてしなかったり、仕事そのものを破棄するのもいいかも。責任は会社が取ってくれるし、その分遅れてしまった仕事は残業でまかなうから、給料もUP。残業中も、派遣の人(会社にはいないけど)にお任せでね。

よし、明日と言わず、明日からこの手で行こう。

特待制度

なんか盛り上がってる?軒並み高野連への批判が目立つね。

未履修問題の時と同じように、問題なのは「何を今更」ってことなんでしょうか?で、とばっちりを受けるのは一生懸命に野球に取り組んでいた選手だと。

個人的にはスポーツに限らず特待制度はあってもいいけど(あるべきとも思う)、殊スポーツになると嫌悪感を感じる(嫌悪感を感じるだけで、否定はしない)。それ単体ではどうでもいいけど、スポーツ留学とか、部活を優先したり、出席日数足りないのを何とか取り繕う体制とか、商業主義に走る私立の態度とかを含めての嫌悪感ね。ま、程度の問題ではあるんだけど。

理由はいろいろあるけれど、甲子園のように県代表として出場する高校に、地元出身者が皆無なんてこともあるわけで、関西人だけの長野県代表チームを素直に応援する気にはなれない。金銭が絡んでくると、多くの場合大人の思惑が絡んでくるから、「子供が甲子園目指して」などというと聞こえはいいけど、裏で学校側と親が、または中学やリトルリーグの監督とが、子供たちを差し置いて、さらに子供たちに押し付けて、と勘ぐってしまうのが嫌。親や監督が勧めて、好きな野球思う存分出来る学校があると考えれば、子供らは飛びつくだろうさ。

子供たちの素質や能力を(スポーツに限らず芸術でもなんでも)を単純に支援する制度なら、全然問題なんだろうけど、色々なことが絡んでくるからね。だからといって頑なに拒む高野連の態度もわからないけど。「用具や遠征費など高野連で支援します」というような度量があれば、ここまで批判されずにすむんじゃないかな?ま、ルールとしてあるのだから守らなかったのはダメだと思うし、じゃ他の競技はいいの?っていうのは高体連の方は特待認めてる(禁止してない)んだからいいのだと思う。教育的に考えれば、野球だけ別の基準を設けているのはどうかとも思うけど、スポーツマンシップにのっとるなら、同じルールで競うべきかな。そもそも、野球を特別視した特待だけが認められないのだから、逃げ道はいくらでもあったような気もする。

県内の高校のあくまでも噂だけど、甲子園にも出場したことがあるある私立校は一日数時間の授業のみで後は野球の練習をしてるとか、高校サッカーで全国出場したとのある通信制の学校は、通信制ということを利用し毎日サッカー漬けだとか。弱小高校の僻みなのかもしれないけれど、あまりいい思いはしないな。

監督が代わり弱体化したけど、かき集めた(慕って集まってきた?)選手を監督の家に下宿させているような高校、全県、全国から選手を引っ張ってくるような学校、OB会や後援会などから多くの支援があるだろう学校、何かの問題を見えない力で隠そうとする学校…。自分は高校時代、そういった高校へのアンチテーゼを大きな力に部活をやってきた。今もそういったものへのアンチテーゼが後輩指導の大きな力になっている。そういったところには負けたくなかったし、負けて欲しくないな。勉強も遊びも、音楽会や文化祭といった行事も楽しんだ上で、部活も頑張るのが一番だと思う。

高校生活、部活が思い出なんて寂しすぎる。部活も思い出でって言いたいよね。