きれいな字

自分で言うのも何だけれど,同姓で同世代の人と比べるときれいな字を書く方だと思う。自分よりきれいな(きれいと思う)字を書く人に,今まであまり出会ってきてないから,多分平均以上なのは間違いない。最近はPCばかりで滅多に手書きしないから,以前よりかなり下手になってしまった。なんとなくきたない自分の字を見て,切なくなったりする今日この頃。

会社に滅茶苦茶きたない字を書く人がいる。本人曰く,「頭のいい人は字が汚い」らしいのだが,確かにその人は頭がいいのだが,客先へのFAXなども平気でそのきたない字で送る。それでもちゃんと返答がくるから,解読した相手に関心するのだけれど,自分宛にそのFAXが届いたら確実に嫌味ったらしく「字が読めないので送りなおして」と突き返すと思う。せめて他人に読んでもらう文章くらいは,きれいな字を心がけたい。つーか,よく平気で人様にその字を見せられるなぁ。

区切り符号

話は変わるけれど,最近読点を「、(てん)」から「,(カンマ)」に変えてみた。なんとなく見たとあるブログが「,」を使っていて真似ただけだけれど,句読点に使う記号(区切り符号というらしい)の使い方も色々あるみたい。個人的な印象だけど,大学の教授とかが「,」を使ってたような……。理工系の文章などでは英数字が多いからよく使われているとかいないとか?

句読点について調べていたら,「…(三点リーダー)」についても色々とあるようで。ネットなどの日記やブログを見ていると「・・・(中点×3)」と表記する人が圧倒的で,「、、、」や「。。。」な人も多い印象。自分はこだわりで「…」を使ってきたけれど,「……」とふたつ並べて使うのが正しい?らしい。句読点は「、。」が多数だけど,業界などで区切り符号の使い方など基準を定めてたりしてあまり統一されていない感じだから,あまり気にしなくていいんだろうけど。いつか日本語文章を書くための,「俺基準」でも考えてみようかな。

それにしても日本語って難しい。国際化だかなんだか知らないけれど,まずは日本語覚えなきゃ。

第三のビール

ぐびなま。金麦も発泡酒じゃないんだね。厳密に言うと分類が違うらしいけど、いわゆる第三のビールとかいうやつ。

コニタンに「ぐびなま。飲もう」って言われたら喜んで飲むし、壇れいに「金麦と待ってるーっ」って言われたら早く帰らなきゃだけど、味は発泡酒の方が好きかな。アサヒ党な自分は本生飲むこと多いけれど、これかKIRINの淡麗あたりが好み。アサヒ、KIRIN以外のビール・発泡酒はヱビス以外ほとんど買わないし。

連休中久しぶりに酒を飲んでみたけど、やっぱり控えよう。4,5年前までは、よく毎日500mml缶4・5本も飲んでたなあと思う。ここ数年は年に数えるほどしか飲んでないから、めっきり弱くなったし。

でも、飲みだすと旨いんだよなぁ。

過ぎ去りし夏

夏らしい夏を、もう幾年も過ごしてなくて
街に響く太鼓の音も
夜空に咲く花火も
家でビール片手に聴いていたりする

「連日の猛暑」なんて予報がラジオから流れてくるから
車の窓を全開にして、湖畔を、峠を、当てもなく走る
何処か涼しい場所を求めて彷徨う

夏の日差し
揺れる向日葵
蝉時雨

浴衣姿の娘についつい見惚れながら
夏祭りの賑わいに少しだけ浸りながら
出店でつまみを買っては、また家でプシューっと一杯

短い信州の夏に、刹那な夢を見ていた頃も
儚く過ぎ去って行った、もう遠い昔のこと

今はただ、夏は「暑い」だけの季節だけれど
過ぎ行く夏を何故か愛しく思ってしまったりするから不思議

ムーディ勝山

節目の勝利への感想を問われ、王貞治は右から左へ受け流した。

asahi.com:王監督、1200勝 変わらぬ熱さ 史上9人目 – スポーツ

今朝の朝日新聞スポーツ欄見てちょっとニヤけた。

この記事書いた人、絶対にムーディー勝山意識してると思う。