TBSと亀田一家

Pocket

「疑わしいが捏造ではない」と同じようなこと?

世界バレーでの竹下MVPや年末の秋山ヌルヌルはまだヌルいのかな。一昨日の異種格闘技戦(WBCフライ級タイトルマッチ)、大毅偏向の実況・解説だったから観戦し始めたときは挑戦者を「なかなかやるな」と思ってしまった。途中の採点での差と、チャンピオンが「何か」に執拗な抗議をしているのを見て「あれ?」とは思ったけれど、ボクシング素人としては実況・解説のコメントを鵜呑みにしてしまう。TBSが小さい頃から大切に育ててきた金、もとい”亀”田を応援するのは構わないけれど、事実と異なる事を伝えるのはやめてほしい。試合中に実況や解説されていた内容と、試合直後からのネット等ニュースでの選評とは、明らかに温度差があったように思う。

ハニカミの盗聴とか色々やらかしてくれるTBSのスポーツ中継からは目が離せないのだけど、世界陸上の日本勢惨敗とかバレーファンとしてはこの前のWGPの予選敗退とか、どうもTBSはツイてないね。この際しばらくスポーツのビックイベントに関わるのはやめた方が。せめてバレーの中継だけでも他局に譲ってもらいたい。「報道のTBS」らしく、質の高い報道番組をしたらいいと思う。

「反則を止められなかった」とか「亀田家のボクシング用語」とか「闘志の現れ」とか、そんなことはもうどうでもいいし。ただ、逸材”かもしれない”亀田兄弟を安易に見限るは如何なものか。今後もしっかりと追っていってほしい。

サンジャポ

テリー伊藤、GJ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください