W杯・男子~ブルとブラ

Pocket

昨日(12月1日)はトーキョーへ泊まりで忘年会してきたので,先ほど立て続けにブルガリア戦とブラジル戦を観ました。前日のアメリカ戦もいい戦いが出来ていたけれど,瞬殺されておかしくない相手になかなかの好試合。

ブルガリア戦

1セット目,山本の連続ブロックで一気に波に乗ると,あれよあれよとセットを奪ってしまう。詳しい解説が2007ワールドカップ第4ラウンド東京大会を観戦して|排球参謀|スポーツナビ+にあるので,こちらを見た方がいいかも。

ローテーションやマッチアップの妙。まだまだわからない世界だけど,この辺がわかってくるとおもしろいんだろうな。

ブラジル戦

ブラジルにとっては,まさかのストレート負けで始まり,日本にまさかセットを奪われるという試合で幕を閉じた。それでも優勝という結果を残すのだから,すごいとしか言い様がない。

日本にとっては,2点リードでのマッチポイントからのまさかの逆転負けで始まり,世界王者からまさかの1セット奪取,そして4セット目,まさかの7-2という大差のリードからまさかのミス発覚。それでも,そこから何とか立て直し,締めた試合にしてくれました。

4セット目の件についてはいろんな人がたくさんと意見を書き込んでるんだろうな。「たられば」を言ってはいけないけれど,かなりの確率であのセットを奪えただろう勢いだっただけに,あの場面でのミス発覚が悔やまれます。

ブラジルの動きはあまりよくなかったようには思う。特にジバはパイプ以外サーブもレセプションもスパイクもいまいちだった。ブラジルのバレーって言ったら2段トスも高速なのが持ち味なのにアンダーで上げてたし,サーブミスに対しても「こんなにサーブ悪かったかな?」みたいな事を解説のどちらかがいっていたけれど,初戦もこんな雰囲気が少しあったな。

それ以上に日本の動きはよかった。ただこれで,世界王者ブラジルを苦しめた全日本なんていうフラグが立って,「終わりよければ…」ではないけれど,これまでの不甲斐ない戦いを帳消しにしてはいけないと思う。チュニジア戦のような敗戦やオーストラリア戦の惨敗は,最終予選にも響く内容なだけに,北京に向けて今日のような雰囲気での戦いを続けていけるよう,更にチームを高めていってほしい。この大会は12カ国中9位という成績で終わった日本。大会前の世界ランキングも10位だけれど,決して世界で10番目に強いわけじゃないんだよね。世界にはランキングが低くても日本より強い国が,ヨーロッパ中心にたくさんあるようです。ブラジルやロシアのように,決して勝てない相手ではないから,取りこぼしないように,頑張れニッポン。

うるさい

ブルガリア・ブラジルからセットを奪うような試合だったからだけど,声裏返してまで実況してくれてとてもうるさかったです。興奮してもはや実況じゃなくなってる。

すぽると

何このショボイ扱い。オイラの益子たんは?

新人賞

ばれにゅ☆どっとねっと: ワールドカップバレーボール2007/男子最終ラウンド最終日見て知った。新人賞・石島。

ワールドカップにも新人賞なんてあるんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください