WGP 閉幕

Pocket

このブログ(に掲載している画像)に訪れる人の検索ワード一位が、何気「滝沢ななえ」だったりしますが、数日前まで数件ほどだった「井上香織」がななえに並ぶ勢いになってきた。ということで、餌を撒いてみる。ついでに「狩野舞子」も。

井上香織

狩野舞子

あらためて写真を見返してみると、顔アップの写真がとても少ない。ピンボケや被写体ボケがひどいのは捨ててしまうから残っていないだけかもしれないけれど、狩野舞子に関しては想像以上に何もなかった。所属する久光には、他に好みの選手が多いからかな?で、こうやって見比べると、体育館などの撮影状況の差はあれ、高倍率ズームデジカメとデジタル一眼レフの画質の差はあるのね。ノイジーなαでも、コンデジのノイズよりはマシか。な。

さて、WGP。ブラジル相手に頑張りました。以上。

真鍋監督も、選手達も、フジテレビも色々何かを試そうとしている姿勢はうかがえるので、少なくともアテネから北京までの4年間に比べると、楽しめそうな気がするスタートだったと思う。あとは、若手がひとりふたりと出てくるか。

フジテレビ的に狩野は主力だろうから外すとして、坂下・山口・谷口と、上手く選手交代が機能した部分もあって、どうせなら主力固定などせずに、毎試合毎セット選手を入れ替えてデータバレーを打ち破るやり方もありかな。ニッポンの緻密で正確な技術と組織力を持ってすればできる。かもよ。冗談だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください